menu
閉じる
  1. 低用量ピル「マーベロン21・28」などをネット最安値で安く買う方法
  2. マーベロンなどのピルを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいの?
  3. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!!
閉じる
閉じる
  1. よい婦人科医の見分け方を伝授!ここがポイント!
  2. 卵巣の年齢は若返ることはない!卵子は老化とともに減る
  3. マーベロンなどのピルを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいの?
  4. 女性の骨盤の形って?女性ホルモンとの関係
  5. 便秘になると女性ホルモンもつまる??
  6. 肉を食べると女性ホルモンが増える?
  7. 月経周期にあわせて変化するおりもの
  8. 月経前症候群(PMS)の症状を軽くするセルフケア
  9. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!!
  10. 低用量ピルのリスクと服用による静脈血栓症のリスク
閉じる

マーベロン21・28ネット最安値

低用量ピルのリスクと服用による静脈血栓症のリスク

低用量ピルの服用による静脈血栓症のリスク

低用量ピルさまざまな効果が期待できるため、いろいろな治療にも使われることがあります。
避妊のイメージが強いかもしれませんが、月経困難症や子宮内膜症の治療にも使われています。そのため、国内で低用量ピルを服用する人の数も徐々に増えてきています。

しかし、低用量ピルの副作用のひとつである静脈血栓症により、国内で死亡者が出ました。この報道により、服用するのを止めようと考えた人も多いのではないでしょうか。

カナダ産婦人科学会の報告によると、低用量ピルを服用している人が静脈血栓症により死亡する確率は、10万人あたりに1人以下とされています。

これはもともとの静脈血栓症発症による致死率が1%ということもあり、非常に小さい数字といえます。ただし、誰にとっても安全に使えるというものでもありません。

たとえば、普段から喫煙をしている方、または高年齢者や肥満度が高い方は静脈血栓症のリスクが高まるといわれています。
低用量ピルの服用を希望する場合は処方している産婦人科を受診し、問診等の結果、医師が服用できると判断すれば処方してもらえます。

しかし、服用によるリスクが高いと思われる場合には処方されないケースもあることを理解しておきましょう。

低用量ピルの服用にはさまざまなメリットがありますが、静脈血栓症というリスクがあることも確かです。
発症の確率はかなり低いものの、発症すれば重篤化することもあります。

もしも激しい腹痛や胸痛、頭痛などにみまわれたり、舌がもつれたり、視界が狭くなったりといった症状が現れたときには、直ちに医療機関を受診しましょう。

静脈血栓症を重症化させないためには、早期の治療が最も重要です。


低用量ピルの静脈血栓症のリスクについて

月経困難症や子宮内膜症の治療に有効として、多くの人に用いられている低用量ピル。
ひどかった生理痛が軽くなったという声も多く、さまざまな女性の悩みに有効なため、重宝されています。

しかし、この低用量ピルには、副作用として静脈血栓症のリスクがあることも留意しておく必要があります。

生理痛に対する治療に使われていた低用量ピル、ヤーズ配合錠で死亡者が出た事例が報告されました。
確率としてはごくわずかな数字ですが、こういう事実があるということは知っておかなければならないでしょう。

低用量ピルによる血栓症発症のリスクが高まるのは、以下のような人です。

まず、毎日15本以上のタバコを吸う人。
喫煙は静脈血栓症のリスクを高めてしまいます。

そして40歳以上の人。
高年齢であることもまた、リスクを高めます。

以上の人は「相対的禁忌」と呼ばれ、十分な注意を払えば利用自体は可能です。
しかし、35歳以上で、なおかつ1日15本以上のタバコを吸う人は、低用量ピルを使ってはいけません。
これは「絶対的禁忌」と呼ばれ、利用自体が禁止されています。

その他にも、軽い高血圧の人や、肝障害、心疾患、腎疾患などがある人も相対的禁忌とされ、服用には注意が必要です。

また、血栓症のリスクが高まるのは、低用量ピルを服用しはじめてからの数ヶ月間であると言われています。
そのため、症状にあわせて中断したり、しばらくしてから再開したりということは、リスクの面からお勧めできません。

医師の指導を守って正しく服用すれば有用なものも、間違った方法で使用すれば思わぬトラブルを招くことがあることを十分に理解しておきましょう。


静脈血栓症発症への対策

低用量ピルの服用は避妊効果だけでなく、副作用のリスクも可能性は低いものの否定はできません。
女性特有の悩みに有効な場合も多く、多くの女性が利用していますが、メリットだけでなくリスクがあることも否めません。

そのリスクの筆頭に挙げられるのが、静脈血栓症です。
低用量ピルを服用する際は、メリットとリスクについて十分に考える必要があります。
それらを十分に考慮した上で服用を希望する場合は、以下のことについてしっかりと考えておくといいでしょう。

まず、静脈血栓症の症状について、具体的に知っておきましょう。
どのような症状かが分かっていれば、異常を感じた際にすぐに医師に診てもらおうと考えるはずです。

静脈血栓症は早期に気づいて治療を受ければ重症化しないことが多いため、「もしかして」と思う節があったときには躊躇せず直ちに医師の診断を仰ぎましょう。

血栓症は、ふくらはぎのあたりが突然痛む、胸に押しつぶされるような痛みがあるといったものの他、激しい頭痛、舌のもつれ、目が見えにくくなるといった症状が現れます。

低用量ピルの服用中にこのような症状が見られたときには服用を中止し、すぐに受診しましょう。

また、患者携帯カードを常に持っておくこともお勧めします。
低用量ピルを服用していることを医師に伝えられれば、早期の診断につながります。

症状によっては自分の口からうまく伝えることができないことも考えられますので、あらかじめカードを携帯しておくのがいいでしょう。

関連記事

  1. 低用量ピル「マーベロン21・28」などをネット最安値で安く買う方…

  2. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!…

  3. よい婦人科医の見分け方を伝授!ここがポイント!

  4. 知っておきたい不妊と不妊治療の費用とは?

  5. 皮膚のかゆみは女性ホルモンやストレスも影響?

  6. 生理前になるとパートナーと喧嘩してしまうのはなぜ?

おすすめ記事

  1. マーベロンなどのピルを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいの?
  2. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!!
  3. 低用量ピル「マーベロン21・28」などをネット最安値で安く買う方法

PICK UP

  1. 24時間以内に飲み忘れに気が付いた場合はその時点ですぐ飲むことマーベロンなどの低用量ピルは、ホル…
  2. マーベロンなどの低容量ピルはセックスは妊娠を気にせずに思い切り中出しを楽しみたい方にピッタリのアイテ…
  3. 当サイトでは低用量ピル「マーベロン21・28」のネット通販最安値情報を紹介しています。低用量ピル「マ…

低用量ピル売れ筋ランキング

ページ上部へ戻る