menu
閉じる
  1. 低用量ピル「マーベロン21・28」などをネット最安値で安く買う方法
  2. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!!
  3. マーベロンなどのピルを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいの?
閉じる
閉じる
  1. よい婦人科医の見分け方を伝授!ここがポイント!
  2. 卵巣の年齢は若返ることはない!卵子は老化とともに減る
  3. マーベロンなどのピルを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいの?
  4. 女性の骨盤の形って?女性ホルモンとの関係
  5. 便秘になると女性ホルモンもつまる??
  6. 肉を食べると女性ホルモンが増える?
  7. 月経周期にあわせて変化するおりもの
  8. 月経前症候群(PMS)の症状を軽くするセルフケア
  9. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!!
  10. 低用量ピルのリスクと服用による静脈血栓症のリスク
閉じる

マーベロン21・28ネット最安値

よい婦人科医の見分け方を伝授!ここがポイント!

女性は男性と違って、かかりつけの産婦人科を持つことは大切です。マーベロンなどの低用量ピルを処方してもらう際や、性病感染の治療、出産の際など産婦人科は女性にとって大きな関わり合いのあります。

そんな産婦人科でも、自分にとって良い産婦人科を見極めるのは大切なことです。

よい医師とよい患者との関係

病気に関して、生半可な知識で素人判断するのは危険です。だからといって、医師の指示に黙って従っていればよいということではありません。自分の身体のことですから、きちんと理解して、治療に専念することが大切です。それにはまず、信頼できる医師にみてもらえるかどうかが問題です。

たとえば、評判のよい名医がすべての人から信頼される医師である、とは限りません。なぜなら、どんな名医でも患者をみただけで病気を判断して、適切な治療を行えるわけではないからです。

どの医師も患者の話を聞き、診察や検査結果などと照らし合わせて診断を下し、治療に取り組みます。しかも患者の年齢や体質が違えば、治療法も効果も違ってきます。多くの臨床経験が医師としての力量を豊かにするのですから、よい医師は患者がつくるといっても過言ではないでしょう。

最近、「インフォームドコンセント」が取り上げられるようになりました。これは、患者に診察の目的や内容を十分に説明して、納得を得たうえで治療を進める、というシステムです。

医学的なことはわからないからと医師にまかせっぱなしにしないで、自分の身体におこった異常を理解・把握する姿勢をもってあたるのが、賢い患者といえます。

体質や現在の症状を的確に医師に話す、医師の質問にきちんと答える、わからない点を医師に質問して納得する・・・という患者には医師も応えてくれますし、治療を進めるうえで何より大切なことです。


信頼できる医師を見極めよう

患者にいろいろなタイプがいるように、医師にもいろいろなタイプがいます。いつも笑顔でやさしく接する医師もいれば、ぶっきらぼうで愛想のない医師もいます。言葉遣いが乱暴だったり、あわてものだってり、頼りなさそうな感じだったり・・・・・・。しかし、どの医師にもいえることは、早く患者さんによくなってもらいたいと思って毎日の診察にあたっている、ということです。

ところが、患者一人に対する診察時間には限度があります。そのわずかな時間に信頼関係をもつのはむずかしいもの。それだけに、うわべや先入観で判断するのはさけるべきです。

具合が悪くて病院を訪れるのですから、つらさや不安から精神的に不安定な状態でしょうが、担当の医師とは冷静に向かい合いましょう。そうすれば、相手のことがきちんと見えるはずです。婦人科という分野だけに、診察はからだや心の中にまで入ってきますので、担当の医師を信頼できるかどうかは治療の重要なポイントになります。

とくに、診察や治療に不満や不安をもってしまうと、たとえ最善の治療を受けていても効果は半減してしまいます。何か引っかかることは、その場で解消しましょう。

信頼できる婦人科のホームドクターがいれば、妊娠をはじめ、子宮や卵巣のトラブル、不定愁訴、セックスの悩みなど、女性のからだと心のすべてをトータルに長期間にわたって相談できます。専門外の病気が見つかれば、適切な治療機関も紹介してくれます。

婦人科に限らずほかの科も同様ですが、よい診察は医師と患者とのよい信頼関係から生まれることを忘れないでください。

病院に行かずにマーベロンを購入したい方はこちら


賢い患者になるためのポイント

日常的なポイント
●いつ、どんな病気にかかったか、薬に対するアレルギーはないかなど、自分の体質や病歴などについて把握している
●月経の周期や状態、季節の変わり目におこる体調の変化など、一定期間のからだのリズムの特徴を把握している
●毎年の健康診断やがん検診を受けるなど、健康に対するケアを心がけている。
●体調がすぐれないが受診するほどでもないときでも、そのまま放置しておかないで、自分なりに医学書などを見たり、休養をとったりして対処する

受診時のポイント
●症状について的確に伝え、医師の質問にもきちんと答える
●わからないことや不安なことがあれば、医師に質問して解消する
●生半可な知識をひけらかしたりせず、医師の話をきちんと聞く
●なんの病気なのか診断の結果を聞き、治療に必要な知識を学ぶ
●薬を処方されたときは、それがなんの薬なのかを確認する
●薬の服用などは医師の指示に従い、症状に変化が出たときは勝手な判断でやめたりしないで、医師の指示をあおぐ
●長期の治療が必要な場合でも、焦ったりあきらめたりしないで治療を続ける
●ほかの病院を紹介されたら必ず受診して、受診後の経過を忘れずに報告する。

関連記事

  1. エストロゲンによるピルの分類とニキビ治療にも用いられる低用量ピル…

  2. 女性の味方となる低用量ピルとはどんなもの??低用量ピルを服用でき…

  3. ピルの服用で生理周期をずらしたりして本当に大丈夫??

  4. 低用量ピル「マーベロン」などの服用にはどんなメリットがある?

  5. 低用量ピルなどの気になる副作用にはどんなものがある?

  6. 低用量ピルを処方してもらう時、信頼できる婦人科やドクターを探すに…

おすすめ記事

  1. マーベロンなどのピルを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいの?
  2. セックスをより快適に思いきり楽しむにはピルは欠かせないアイテム!!
  3. 低用量ピル「マーベロン21・28」などをネット最安値で安く買う方法

PICK UP

  1. 24時間以内に飲み忘れに気が付いた場合はその時点ですぐ飲むことマーベロンなどの低用量ピルは、ホル…
  2. マーベロンなどの低容量ピルはセックスは妊娠を気にせずに思い切り中出しを楽しみたい方にピッタリのアイテ…
  3. 当サイトでは低用量ピル「マーベロン21・28」のネット通販最安値情報を紹介しています。低用量ピル「マ…

低用量ピル売れ筋ランキング

ページ上部へ戻る